ホーム » お庭造りの要素 » お庭の配置計画

お庭の配置計画

お庭まわりの主な構成は大きく分けて4つです。
1.門まわりアプローチ
2.メインガーデン
3.駐車スペース
4.サービスヤード

こうした用途や使い勝手、土地の条件に応じて、アプローチや庭、駐車スペース、門まわりなどの位置を大まかに決めていくことをゾーニング(配置計画)と言います。 どのように配置すれば使いやすいのか考えて計画することが大切です。


ClipboardImage


 斂腓泙錣蠅肇▲廛蹇璽繊
道路から玄関までの通路と門まわりは家の第一印象を決める重要なポイントです。
アプローチの形をL字型やカーブにするなど変化を付けると、やわらかく奥行きある空間を演出することができます。


◆撻瓮ぅ鵐ーデン=主庭】
お客様の趣味やライフスタイルに合わせて計画します。
外からだけでなく家の中から見える風景や、日当たり、排水、土壌など植物を植える際に気を付けなければならないことを踏まえデザインプランします。


【駐車スペース】
車が出入りする道路幅や駐車台数、敷地と道路との高低差、車の大きさなどによって決まります。
前面道路と建物位置を考慮し、駐車し易いことと、アプローチや玄関への導線を考慮し計画します。


ぁ撻機璽咼好筺璽鼻
屋外での家事作業のスペースです。ゴミ出し、洗濯などの作業内容に合わせて、広さや日照、動線などを検討し、使いやすい空間にします。



ホーム » お庭造りの要素 » お庭の配置計画
お庭造りの要素
満足できるガーデンプランを考える前に「お庭造りの要素」についての豆知識
エクステリアマイスター取得
アルミリペア施工
エクステリア匠のスタッフブログ
エクステリアのことならご相談ください
新築住宅のエクステリア・外構工事
リフォーム外構
建物の外廻りの設計・施工
お庭のリフォーム
左官工事